Greedier☆+゚。。。NEWS

NEWSの笑顔ずっとみていたいそんな風に思ったら

Whiteオリコン1位おめでとう!

お久しぶりです。
お久しぶりのえんとりーです。

最近はaskブームに乗っかってちょこちょこ書いていますがアルバムオリコン1位についてはこちらでも触れておきたかったので記録のつもりでお目汚し失礼いたします。

あらためて、NEWS7枚目のアルバム『White』オリコンウィークリー1位おめでとう。
デビューからアルバム7枚連続1位獲得おめでとう。

私の今回の購入は、初日に4枚だけって決めていました。
あのクラッチバッグにさほど興味なかったから(コレクションで1枚はほしかったけど)初回を3枚、通常を1枚で。

ABCの発売日が変更されてNEWSにぶつけられたっていうのは事前に知っていたんだけど、正直ABCがどのくらいのセールスをたたき出すバンドさんなのかは私はよくわからなくて、
特典がすごく魅力的だって言うのもわかっていたんだけど、
そこまで脅威になるとかは考えていなかったんだよね。
不安要素としては前回3種売りだったのに対し、今回が2種売りってことかな。

あんまり深く考えずに迎えたオリコンランキングフラゲ日デイリー。

「え?!2位?!」←遅い

しかも6000枚差?!
2種売りって聞いた時点であたりまえに前作割れすると思っていたし、
とういことはとりあえずNEWSは10万枚を目標にするかんじだと思っていたのでその中で初日の6000枚差はあまりに果てしなくて白目むきそうになりました。

「もう、……だめかと思いました(∵)」

もともと私はいまのご時世でオリコンの順位は一つの指標であってアルバムの価値を決めつけるものではないと思うし(いや、これはどの時代もそうだね。ランキングが示すのは売上枚数の順位だからね。)
逆にどんなにアルバムが素晴らしくても曲だけではなく特典の付加価値があって当たり前っていう時代になっているし私もそれを期待している部分もあるし。

だから「2位をとれたらリリースの日程を気にしなくて済む」っていう考え方で、ガッカリしないように、自分を納得させられるようにむりやり思い込もうとしていました。
チケットも申し込んで手元に現金が全然ない状態で、
もう絶対買い足さないぞ、旅費もあるんだからって。
今後のオリコンについては毎日祈るように見守るしかできんと思っていたんだけれども。

翌日、発売日のデイリーが発表になって、NEWSが2000枚差くらいで逆転したっていうのを見て、「買い足す。」って決心(はやい)

これまた複雑だけど、事務所が1位になれるであろう発売日を選んでリリースしているから、NEWSを応援していてそこまで危機感を感じたことはなかったんだよね。ONEの時も、勝てるだろうなっていうなんとなくの自信はあったし。
私は1位でも2位でもNEWSのファンに変わりはないし、順位自体は自分のNEWSへの気持ちに関係ないっていうのも自覚していたんだけど、
でも私は手越担だから。なんでも1位になりたいっていう貪欲な担当が大好きなので。もし1位になる可能性がまだ残っているなら1位をとってほしいっていう気持ちは間違いなくあったのです。

あと、なによりNEWSが「今回もファンの皆さんのおかげで1位をとることができました」っていうあの笑顔と言葉が聞きたかったから。1位で嬉しいって思ってほしかったし、安心してほしかった。
自分の買い足した、たった1枚が売り上げに大きくかかわらないってことはわかっていたけど、「ファンのみなさんのおかげで」っていう中に自分も入りたかったし、
頑張ればどうにかなるかもしれない状況でNEWSのために自分が頑張りたかったっていう、自己満足でしかなかったのかもしれません。

デイリーが全日発表されて、185枚差で勝っていると知った時は肝が冷えたな。
順位に変動があっても、2日目以降は1000枚以上の差をつけられることはなかったから。
日曜日に一気に差をつめられたと思うと、
やはり「買い足そう」って思ったNEWS担の1枚1枚が本当に大事だったのかもしれないって思った。

結果、1位を取れたわけだけど、
1位にこだわりすぎてよくわかっていなかったけど、
2種売りで前作から+14000枚っていうのは、もしかしたら結構いい傾向なんじゃないかって思った。
あとになって蓋を開いてみて、そのことが一番うれしかったかもしれない。
NEWSのファンが増えたのかもしれないって。
1位という順位だけじゃなく、なにかがちょっと開けた気がしたな。

あと、楽曲も今回本当素晴らしかった。
私はNEWSのアップデートってテーマで発表した前作がすごく好きで、
前作以上の名盤を正直期待していなかったんだけど(けっこう走りで制作したアルバムってイメージもあったので)
予想を見事に、最高の形で裏切られました。
楽曲についてはまた別の機会に書きたいなー。


Mr.whiteを歌う機会も何度か与えられて、
そのパフォーマンスにもいろんな意見がとびかっていたね。

私の感想は、、、うーーんアイドルとはいろんな期待を背負うから難しい職業だなあ。。っていうとこかな(笑)

なにが正解とかないからね。
日経エンタを見て思ったけど、4人のNEWSが主張したいのはやっぱり「生でも歌えるアイドル」なんじゃないかなって思ったんだよね。以前から感じていたことが確信にかわったというか。
きっと生歌で勝負するっていうことは、それに対する意見をうける覚悟をもってやっているとも思ったわけです。
口パクの歌をきいて「今日はここが下手だった」なんて誰も言わないわけで、

口パクせず勝負した者だけが歌に対する辛辣な批評を得ることができるともとれるよね。

てごちゃんがONEの雄叫びの音をはずすとA級戦犯のように3人のファンからも怒号がとんだりするじゃない?でもあれは、口パクしない事を評価される段階の更に先に彼がいるからだと思うんだよね。

私は慶ちゃんも、4人になってからすごく生歌で勝負してるイメージがあって、毎回音があたるわけじゃないし、「おい慶ちゃん大丈夫かよw!」って思う時も正直あるんだけど、それでも慶ちゃんが生歌するだけで褒められるアイドルの先に行こうとしてるって思うから、慶ちゃんの歌を応援したいし、調子悪かったらそのことが気になるし、前より上手に感じたら本当に感動するんだよ。

シゲも以前より生歌の箇所がすごい増えて、なんか自信に満ちた顔で歌うなーって思って見てました。

シゲの声はすごいよね。シゲの高めの声はエロいなーってカカオを聴いた時から思っていたけど、最近は手越先生の神推しでいろんなシゲの声を聴けてNEWSの歌がこれまでの2倍も3倍も楽しくなった気がする。

まっすーの声は言わずもがな。私はまっすーの甘い声より下から拳で突き上げるような声が好き。前作だとHIGHER GROUNDの「何度も何度も流した〜」のとことか。あの声だけで泣けるもん。今回のアルバムでは私の好きなまっすーの声がたくさん聴けて嬉しかった。コンサートでどんな風に魅せてくれるのか楽しみ。

 

ってまあ、NEWSの歌には本当に、リリースを重ねるたびにワクワクさせてもらってるんだ。

なんだけど、私はNEWSを好きな人が彼らの歌だけを重視してるわけではないと思っているんだよね。

NEWSのグループとしてのダンスのレベルは正直あの事務所でも最下位レベルだと思うんだけど、キレのある揃ったダンスに惹かれてアイドルのファンやってて、NEWSにもそれを期待してるファンだっていると思うわけです。

ダンス揃ってるのがみたければJUMPを応援したらいいじゃんって言う人もいるかもしれないけど、そう割り切れないものもあると思うんだよね。

NEWSにはNEWSの提供するものがあるわけだから、それが自分の期待してたものとは違っても、じゃあ期待してるものと違ったNEWSを応援するかどうかってのはファン個人の自由なわけで、NEWSを責めるには値しないと思うけど、

与えられたダンスのほんの少しのフリを絶対揃えようっていう気持ちがあれば、決めポーズだけでもすごく人を惹きつけると思うわけです。

Mr.whiteの手振りの場面をリップで抜かれるとわからないけど、

4人で子供の平和を守るってコンセプトまであるのなら尚更ここぞというフリはビシッと揃えてほしいかな。

手の角度とか、どれほどあげるのか、どれほど開くのか。

生歌頑張りたいアイドルだから、そちらに集中してしまうと他がおろそかになるのかもしれないけど、生歌だからしゃーないじゃなくて生歌なのにこんなに踊れて凄いって言うところが生歌やるアイドルの目標じゃないかと思うから、

その辺はまた今後のNEWSに期待して見守りたい部分です。

 

 

最後に、これは私の本当に勝手な独り言なのですが、

私はいつも、NEWSに本当に必要なのはファンからの評価ではなく外にいる人たちからの評価だって思っています。

NEWSをすきではない人たちが、NEWSをどう思うか。

新しいファン層を開拓するってのがアイドルには絶対必要不可欠だと思うから。

だから、NEWS担じゃない人がNEWSの事をみて、彼らの言葉をきいて、歌をきいて、ダンスをみて、どんな事を思おうがそれは本当に大切な評価だと思う。

彼らはファンが擁護しないとダメになりそうな狭くて脆い場所で生きてる人ではないから。

ただの言いたいだけのアンチは別として、きちんと彼らをみた上で何か意見をもらえるって言うのは、内容がどうであれ絶対彼らのプラスになる気がします。

仕事してる姿をたくさんの人に見てもらって、歌やダンスや自分の言葉や写真を提供して、自分を資本にお金を稼いでる人たちは、それを評価される筋合いがあると思う。

それと同時に、ファンは自分の大好きな人に向けられた言葉が嬉しかったり悲しかったり悔しかったり辛かったり、いろんな感情を持つのも当たり前だと思うんです。

自分の好きな人が、どれほどの思いでその仕事をしてるのか、どれだけ努力してるのかわかってるのはファンなわけだし。

だれが悪いわけじゃない、みんな自分の考えがそれぞれあって、それをつぶやくのも結構、そのつぶやきに怒るも結構。無理にわかりあおうと平均点の落ち所を探す必要もないと思うんだよね。

ただそんな時に、感情のまま噛み付いたり、それに対して仕返しするように晒し者にしたりっていうのは美しくない気がするから、それぞれの考え方があるっていうのを自分は忘れたくないなーって思いました。

 

べつに何があったっていうわけでもないけど(笑)

 

慶ちゃんがどれだけNEWSにとって大切な自慢のリーダーなのか、慶ちゃんがどんな思いでエブリーの現場で戦ってるのか、なんであんなにキャスター頑張るのか、私なりにファン目線で担当越しに慶ちゃんを見てきた8年間があるから、自分の慶ちゃんへの気持ちを大事にしたいなと思いました。

もちろん、まっすーもシゲも。

私は物理的に、物理的に、物理的にてごちゃんしか見てないことが極めて多いですが、物理的に。

私なりに慶ちゃんとまっすーとシゲの事、目をそらさずに見てきたつもりだし、本当に本当に大好きです。

そういう感情をもっと言葉にできるようになりたいなー、

なんて思った日でした。

 

とりあえずコンサート楽しみ!