読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Greedier☆+゚。。。NEWS

NEWSの笑顔ずっとみていたいそんな風に思ったら

【ask】Q.手越の出てるこれはまず見ろドラマは何ですか?ランキングと一緒にお願いします!

ご質問ありがとうございます!

いいんですか!語っちゃって!いいんですか?!?!

 

◆第5位 氷点- 辻口徹 役

最初に言っておきます。ビジュアルは最悪です。
18歳の手越さんですが実年齢で1歳年上の石原さとみちゃんの5歳年上の兄役を演じています。超ミスキャストw
なんですが、23歳くらいの役を演じる芋手越さんがかわいいんです。あ、見た目は中学生ですw

私はこの原作がもともと好きなのと、この徹くんが血のつながってない妹に本気で恋して、妹だけに優しく尽くすところが本当にキュンで。一度は兄への恋心に気づいた妹と気持ちの面で結ばれるのですが、いろいろ悲劇に見舞われ、結局ずーっとそばで妹を守ってきた徹くんのところではなく、徹くんの親友のもとへ妹は嫁ぐ決心をします。

その決意を聞かされ、目に失意の念を浮かべる徹くん。
2人で旅行をしようと計画をたてていた矢先の事でした。妹の気持ちがどうしても自分から離れたと思えず、再度「本当に結婚するのか?」と尋ねるも、妹の気持ちは変わらず。「お兄ちゃん、今までずっと守ってくれてありがとう」と言う妹に、涙を浮かべながら「幸せになれよ」と言う徹くん。このシーンは本当に泣きました。
妹もお兄ちゃんが好きなんですけどね。いろいろあったんです。

このような偉大な作品に、豪華なキャストと共にまだ名の知れていない手越さんが参加できて(しかも超重要な役)それだけで見る価値あるなーと。
まだいろいろと発展途上の手越さんですが、アウェーの現場で果敢に頑張っているところが見られます。おススメ!

 

◆4位 マイ☆ボス マイ☆ヒーロー- 桜小路順 役

「イッテQの男の子」と呼ばれるようになる前の手越さんは「桜なんとかの子」と言われておりました。

それくらい手越さんの現在のキャラクターに直結している、出世作です。彼に出世の道を与えてくれるのはやっぱり日本テレビさんなんですねーww

ヤクザの若頭(長瀬)が高校に通うことになり、最初にできた友達が手越さん演じる順君です。

このドラマで初めて「明るいバカ」をやったわけですが、そのオーバーリアクションなコメディ演技がすっごく彼の波長に合っているように思えました。視聴率もものすごく良いドラマでしたし、ある意味このドラマで手越さんを知った人は多いのではないでしょうか。

ただひとつ難点なのが、氷点で北海道ロケに行った後に彼、太っておりましてwそのままこちらの撮影にも取り掛かったようで、ぷっくぷくなんですよww

このドラマの数か月後に手越担になった私、部活の後輩に「手越くんが好きなんだーほら、桜なんとかの♡」って言ったところ、「ああ、あの顔見てまさかジャニーズだとは思いませんでした」と、今では考えられない衝撃の一言を投下された思い出がありますwww

ビジュアルだけでドラマを見ないよ!っていう人には絶対おすすめしたいです。なんだかんだ可愛い。
友情あり、ギャグあり、甘酸っぱい恋愛あり、涙あり・・と盛りだくさんのドラマです。

 

◆3位 ヤマトナデシコ七変化♥- 遠山雪之丞 役

手越担としてこれを入れないわけにはいかないかと。単純に前者2作を内容で選んだのに対し、こちらビジュアルだけですね。一言で表すとネ申だと思います。

ただ中身はスッカスカですねw音消してみてもいいくらい。だけど、私の大好きな亀梨さんと内君と手越さんの記念すべき共演、イケメン4強と呼ばれる役柄の1人に選ばれたのだからすごいと思います。

雪くん・・最強に可愛いです。手越さんが笑いで女装をしていた2009年までにピリオドを打ち、どこの女よりも可愛く・・!と目覚め始めたのは完全にこのドラマの影響だと思います。

「イケメン役なので、楽屋ではみんなでコロコロマッサージしてます^^」とかめが紹介した楽屋写真に写る4人の中で、手越さんだけが美顔ローラーではなくビューラーでまつ毛を上げていた衝撃映像を今でも忘れられません。

クソみたいな視聴率だったので、毎週必死に番宣してたくさんテレビにも出てくれましたね!KAT-TUNが絡むとこうも扱いが良くなるものかと、当時完全に枯渇していたNEWSを応援してた私は感動したものです。

おっと、切ない話になりましたね。手越さんドラマを完全に見た目だけで選ぶなら文句なしナンバーワンです。

 

◆2位 松本清張ドラマスペシャル・三億円事件 - 浜野健次 役

放送直後ですが、2位に入れました。完全に手越さんにとってプラスになったと思う重要な役でした。彼が大切にしていた金髪を真っ黒に染め上げて臨んだ渾身の「悪役」。
手越さんに悪役をやってほしいなーっていうのはここ数年ずっと思っていました。彼の演技力ってのはまだまだ未熟だと思いますが、目力だけは抜きんでているなーと。これはもう才能の域。
棒読み万歳だった「疾走」でも手越さんのこの目力はとても高く評価されていて、特に睨んだりまっすぐ相手を見たり、強いまなざしがとても迫力があるなと。

あまりにも有名なこの事件の、こんなにも重要なキーマンを任されたこともとても名誉なことだと思いますし、何より演じている手越さんを見てすごく役の幅が広がったのを感じました。唯一の安らぎであった恋人ユカの前での笑顔と、不良グループの一員として悪さをするときの憎たらしい顔←

どれもこれまで見ていた演技とは違って、私の目にはすごく新鮮でした。

このドラマについては近々ブログで語りたいなー^^ 手越さんの次のステップになるんじゃないかと思える、とてもいいドラマだったと思います。

 

◆1位 デカワンコ(2011年1月 - 3月、日本テレビ) - 桐島竜太 役

現時点での、手越さんの代表作だと勝手に思っています。

安心の日テレ。いや、日テレのドラマは全く安心できないんだけどwそれでもこのドラマは大物俳優陣を惜しげもなくギャグ三昧の中にぶち込み、土曜夜のシュールタイムとなっていたことは間違いないと思います。視聴率も割とよくて話題になっていましたよねw

もう世間には「イッテQの手越」とある程度浸透している中で、役者さんとして等身大で演じることができたのかなと。
劇中の手越さんはすっごく伸び伸びしてとても楽しんでいるように思えます。

たべちゃん演じるワンコとのコンビ感もすごくかわいくて、手越さんのツッコミや顔芸も冴えていて、単純に手越担としてもすごく楽しめる内容だと思います。

手越回と呼ばれる3話には、腐った肉まんを食べておなかを下し、おしりを抑えてトイレに駆け込む手越さんやスーツのパンツを下して便座に座っている手越さんがバンバン映っています。こんなアイドルの扱い見たことないです。

がさつで喧嘩っ早いキリはドラマシリーズではワンコをいつも睨んで怒鳴っていましたが、翌年放送されたSPドラマではワンコに恋していましたね。本人は気づいていない設定でしたがw
そこもまた可愛い。

ドラマシリーズで刑事をやるからと焦げ茶に髪を染め直した手越さんでしたが、あるアイドルグループに潜入捜査しているっていうていでSPドラマの時には金髪で演じていました。

いいんかいそれでwwゆるすぎだろwwっていうねw

 

文字数が!足りなくなりました!質問ありがとう!!

ドラマてごちゃん