Greedier☆+゚。。。NEWS

NEWSの笑顔ずっとみていたいそんな風に思ったら

Q.10周年記念の東京ドーム公演、皆様の率直な感想をお聞きしたいです。 ゆるくでも熱くでも語って下さい\(^o^)/

宿泊業やっている私にとっては命がけの連休取得で、でもどうしても10周年をお祝いしたくて7.8.9の3連休を社長に頼み込んで行ってまいりました。

まず最初の驚き、連休を取得して、飛行機も予約して、予定も立てた後、友達とかけた3名義がオール落選・・!!!!

そもそも私と友達の緻密な計算により、全国のNEWS担人数はだいたい50000人くらいだと思っていまして(CDの売上的に・・)
だからドームなんてまず他担の参加も含めて3名義全部当選する見込みで、定価割れでさばかなきゃいけないと思っていました。

それが・・まさかの落選。
日ごろからツイなどで仲良くしてくださっているお友達のおかげでなんとかすぐに参戦できることは決まったのですが、とにかく驚きました。

2つめの驚きは当日のグッズ列です。
前日の仕事後に最終便で羽田に向かった私は吉祥寺にある友達の実家を拠点にしておりまして、グッズ列に並ぶために4時半の始発に乗りました。
会場についたのは5時10分ごろだったかと思いますが、その時点で1000人くらい並んでてびっくりしましたね・・
色々グッズ列についてはツイでも流れていましたが、本当にすごかったです。こんだけのファンいつもどこに隠れてんだよってくらい(笑)
お目当てのボイスクロックも友達の分と合わせて3つ購入できたので、始発で行ってよかったです。。。

3つ目の驚きは会場の人の多さです。
あとから65000人と聞いてびっくりしたのですが、うんあれは55000人以上いるなっていうのはすぐにわかりました。会場に入った瞬間、天井席まで満杯の客席を見て思わず泣きそうになりました。

本編の感想ですが、私は他のグループに一切興味が無いのと、10周年を他で祝ったことが無いのでゲストが来るとかメッセージビデオが来るとかそういうことをまったく考えていませんでしたし、ドームに立つ4人だけを見に行っていたので終始NEWSの4人が繰り広げるステージをとても満足してみることが出来ました。

客席をギリギリまで増やすためでしょうか、花道も最低限で、トロッコも外周を少し回るだけのスペースしかなく、大体がセンターステージでのパフォーマンスでした。前に四季魂でドームに入った時はアリーナクラスしか見たことの無い自分にとってあまりに広く、メンバーが遠く感じたのですが、今回はもっともっと離れたステージにメンバーがいたのにもかかわらず全然距離感とか感じませんでした。不思議です。
山Pも亮くんもいなくなった4人のNEWSがあの大舞台の真ん中に立っていて、それでいて全然見劣りしないの。65000個のペンライトの灯りを背負ったNEWSが本当にきれいで、かっこよくて、登場の瞬間からワークエの終わりまでは涙が止まりませんでした。

イベントで4人がデビュー当時の衣装を着て出てきたことは衝撃でした(笑)
やっぱ慶ちゃんは当時から目立つ位置にいたから、タンクトップとパーカーを与えられててあまり体のサイズアップに対して影響はなかったんですけど、シゲのお尻と手越さんの太ももがねwww
いやでもシゲテゴマスはこの10年で途中信じられないくらい太った時期があったし、今みんなスリムで良かったよwww
途中慶ちゃんの股間がスクリーンでアップになり歓声が上がりましたが、私はそこに映りこんでいるシゲの食い込んだお尻から目が離せませんでした。。

「愛言葉~てをひいて」は、shareと比べてどうという意見はいろいろあるかもしれませんが、私はこっちの曲の方が好きです。4人の気持ちが詰まった歌だったし、shareのようなおしゃれサウンドではなかったですが、担当様が作ったメロディーはとってもやわらかくて素敵だったし、まっすーが作ったのかな?って感じのサビの歌詞なんかも、今のNEWSにぴったりな可愛らしい雰囲気ですごく良かったです。

慶ちゃんのソロパート、「冷めていた あのころの声 ごめんねもう二度と泣かさない」という部分に涙が出ました。
前にインタビューで書きましたが、2009年くらいの慶ちゃんってとっても冷めている感じがして、あまり好きじゃなかったんですけど、あとから慶ちゃんが2009年はすごく悩んだ年で、毎日泣いていたって雑誌で言っていて、そのことが思い出されて胸が熱くなりました。

最後のあいさつでまっすーが泣いたときはもう涙腺が崩壊しましたが、ただひたすら愛しいなって思いました。

私は、正直東京ドームの何がそんなにすごいのか全然わからなくて、ただ大きいだけの会場だと思っていたし、地方民からすれば東京ドームだけが会場じゃないんだから特別視しないでほしいって思っていて、だからこそ、パシの時に手越が言った「ドームだからって特別なことはない、すべての公演を全力でやるだけ」って言葉に感動して手越についてきたわけですが、

まっすーが「15年前、ジャニーズ事務所に入って・・・」とだけ言って涙をあふれさせて、初めてキンキのバックについてドームに立った時、55000人がすごくうれしそうで、自分はセットの端っこで踊っていたけど、その時からドームに憧れていた、と言うことを一生懸命話していました。

それを聞いて、「大きいからじゃなくて、東京だからじゃなくて、ここがまっすーの目指していたあこがれの舞台なんだ」って初めてわかりました。今までもそのエピソードは聞いたことがありましたが、でも泣きながら一生懸命話すまっすーの生の声を聴いて初めてそう感じることができたんです。
東京が特別かよケッって思う前に、こっちから会いにくればいいんだと。NEWSにさらにお金を落とすことを決意したいくたそでした。

シゲのあいさつは悲しい事にほとんどのWSで流れませんでしたが・・
shareで「だから言う10年後も 今までもこれからもいつまでも隣にいてくれてありがとう」という歌詞を書いた5年前のことを話していました。
今となりにいない人もいますが・・と笑いを誘っていましたが、シゲは去年から4人で入れることが幸せだと何度も言っていて、メンバーとの結びつきを強調するせいか脱退した2人に一番依存していると言われがちですが、

私は、あの2人と仲が良かったことがシゲの自信だったと思うのですよ。子供っぽいかもしれないけど、上流の2人と沢山遊んで、子供っぽいテゴマスを見ながら「俺はこっち側(上流側)」として振る舞うことで虚勢をはれるというか、そういうのって若い男必ずあるじゃん(笑)
そういう部分を含めて本当に2人と仲良くできてうれしかったと思うし、その分裏切られた気持ち・・というか、置いて行かれた気持ちっていうのは大きかったのかな。

でも、「986(くやむ)日々、だから今があって やっと叶えたこの4合わせ(しあわせ)」と歌うシゲを見て、4人の今が幸せならそれほど嬉しいことは無いって思いました。
この話何度も書きましたが、去年のチャンカイベントの時、「いろいろあったけど、25年生きてきて今が一番幸せ」と言ったシゲ、10年間一度も離れたことのない4人だから、これからもずっと離れることはなくて、それがシゲの感じる幸せなんだろうと思います。

手越さんは、最後のあいさつではものすごく正直な事をズバズバ言っていました。
何度もNEWSという舟が壊れかけたこと、何回もNEWSが無くなる危機があったこと。
あとは、2年前、テゴマス1本に絞る選択肢もあったこと。
これについてもポポロで初めて告白してからいろいろな意見が飛び交いましたが、手越さんは迷った末にNEWSを続けることを決めて、今幸せなんだそうです。

シゲのあいさつでも思いましたが、今が幸せっていうのがやっぱり一番大きいんじゃないかな。

私自身も、2010年くらいからなんとなーくNEWSに不穏な空気を感じていて、だから正直四季魂は心から楽しむことが出来なくて、そのあともリリースがまったく無くなって、散々待ったあげく脱退・・と決して楽しいばかりのヲタ生活ではなかったですし、他のグループを見て「NEWS以外ならどこのグループでもよかった、NEWS以外を応援していたらこんなにつらくなかったのに」と何度も思いました。

けど、そんな気持ちが去年チャンカパーナを発売したときにすべて吹っ飛んだんです。不思議なくらい。7月17日くらいに発売したんでしたっけ?テレビにNEWSが4人で出ることがとにかく嬉しくて、4人だけの声の曲が聴けることが堪らなく幸せで、これまでの辛かったのも悲しかったのもたくさん待たされたのも全部全部この瞬間のために必要だったんだって思ったんです。

だから、NEWSを続けていて決して順風満帆な道のりじゃなかったけど、途中何度も折れそうになったけど、でも何とか4人で続けてきて、そしたらこんなに幸せになれたってたくさん伝えてくれるNEWSを見て、「私もだよ」って思った。

NEWSなんて好きじゃなかったらこんなに辛くないのにってすごく思ったけど、やっぱり4人を応援しないなんて選択肢は自分の中にはありえなくて、でも応援するって決めたからには「絶対4人をドームに立たせたい」って思って。
だからってこんな地方に住んでいる1庶民になにができるってわけじゃないけど、今回のツアーの応募数を見てスタッフさんが「NEWSドームやれるぞ」と言ってくれたエピソードを聞いて、自分の1票も含まれているんだ、自分もNEWSを夢の舞台に立たせる手伝いが出来たんだと思うと本当に胸熱でした。

確かに、NEWSは事務所から良い扱いを受けているとは全く思いませんし、世間的に良い印象のあるグループじゃないとは思いますが、4人になってからだってたくさんのファンが出来たんだもん、まだまだこれからだと思います。

一つ一つのチャンスを確実にモノにして、ゆっくりでいいから4人で手を繋いで歩んでほしい。

私は、その様子をあいかわらず「活動はよ」とぶーぶー言いながら、NEWSの言動や露出に一喜一憂し、コンサートだと言われればえっさほいさと遠征して、CDが発売されるとなれば祭り騒ぎになって、NEWSが出演した数少ないテレビの録画を何度も何度も何度も何度も見返してそれだけで幸せになっちゃうような無欲なNEWS担を続けたい。

NEWSを好きになって出会うことが出来たお友達と一緒にNEWSをこれからも応援できたらそれが一番幸せなんだろうと思います。

NEWSがこれからもそこに在り続けることが奇跡であり、最大の幸福・・☆

10ve Anniversary ♡♡

 

L_4d04d9eb58d82f874485b489a8da340d.jpg

10年後も愛してる♡絶対!!