読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Greedier☆+゚。。。NEWS

NEWSの笑顔ずっとみていたいそんな風に思ったら

Q.shareについて語ってください。

Shareは、私の中では全然特別な歌じゃなかったんです。秩父宮までは。

初めて歌ったときその会場にいなかったし、なんかピンとこなくて。
NEWSとファンの特別な歌っていう認識はあったんですけど、私自信はあんまり・・

でも嵐の5×10とかすごく好きなんですよ。
脱退のときこれ聴いて泣きましたし。
あーこんな風に思いあえるグループだったら・・って。

私はなんでShareが好きじゃなかったんだろうって考えてみたら、まずコンサートで聴いてないからその場の感動を味わってなかったのと、あとから映像で見たときにはNEWSの露出ってすごく減ってて、山下さんがソロをたくさんやり始めてて、錦戸さんはNEWSのとき超つまんなそうにしてて
たぶん、不信感があったんだと思います。
Share、うそだろって。
いるよここにって、いないだろお前、って。
だから曲かかっても聞かないようにしてたし、DVDでこの歌になったら飛ばしてたし、はっきり言ってベストの投票でShareが上位だったのも理解できなかったんですよね。

でも、マッスーが秩父宮で泣いたって聞いて、それ聞いて泣けちゃって。

っていうか、もうこの歌は6人時代の象徴的なものだから、絶対4人では歌わないっておもってたのに、秩父宮で歌ったって聞いて。

あ、4人は6人の時代を過去のものとして抹殺するんじゃなくて、向き合ってるんだなって。
6人があって、今の4人がいるんだって思って。
4人はずっとこの歌詞の気持ちをもって、NEWS守ってくれたんじゃんって。

亮君がドラマきまったら「NEWS主題歌くるかな?」「またエイトか・・」とか、山下ソロ魂おわったら「NEWSくるかな?」「あ、エイトの活動がきまったからまたしばらく無しか」とか
思い出すとムカムカしたりもやもやしちゃったりするのと同じような気持ちで、自分で勝手にShareという曲からも目をそらしてたんだなーって思いました。

慶ちゃんは高校受かってたらジャニーズになってなかったんだよな、シゲにも会えなかったんだよな、NEWSいろんな辛いことがあったけど、慶ちゃんはこの歌をつくったときから、一緒に泣いたり笑ったりしようって言ってくれてたんだ、とか。

マッスーはNEWSのステージをだれよりも一生懸命に考えてたんだよね。NEWSにいることが自分の夢だって言ってたし、NEWSの作品についてだれよりも真剣に考えてたんだよな、とか。

シゲはメンバーと近くにいて、一緒の時間を共有して、そんな当たり前のことが一番幸せだったんだろうな。だから、4人でNEWSを続けるってなったときに、「4人でずっといれればそれでいい」って言ったんだな、とか。

手越さんは、自分にファンがまったくいない・・っていうとこからスタートしたからか、ファンが悲しむとか喜ぶとかにすごく敏感で、いつもファンの事をきにかけてくれてるけど、それはこの歌をつくったときから変わらないんだな、とか。

この4人は、Shareを作った時から同じ気持ちを持って、その気持ちは全然ブレてなくて、それを発信してくれてたんだなって改めて感じて、自分の中でもすごく大切な一曲になりました。

いつも正直な気持ちを素直に伝えてくれて、ファンを大事にしてくれるNEWSの、4人の優しい思いが詰まった曲だって思います。